昌彦

記事一覧(241)

セキセイインコ(他の鳥も)の弱さについて

セキセイインコ等、鳥を飼っている方も結構いらっしゃるのですが、重要な注意点として、まず、彼らは1日食べないでいると、それだけで死亡します。また、さらに厄介なことに、元々他の肉食動物に襲われる立場であることから、体調が悪いことを隠してしまいます。そのため、餌を食べなくなったと思ったら、実は食べなくなって半日は過ぎていて、もう手遅れということもあり得ます。餌を用意するにあたって、殻付きが良いと言いますが、これはちゃんと食べてれば、食べ跡の殻が残り、食欲のチェックができるからです。(ただし、毎日上に残った殻を捨てて確認してあげないと、この方法は意味がありません。)むき餌の場合、見かけ上どんなに平然としているように見えても、食べていない場合の判断ができません。さらに厄介なのは、発生して時間が立っている病気を治すには、1日では足りないということです。例えば、以前、黒色便をしたことから、上部消化管潰瘍を起こしたと思われるインコが来院しましたが、すぐに食べられるようになるわけではないため、この時点よりも前の段階で、すでに絶望的としか言えません。これが、健康なうちに少しずつ潰瘍を起こすメガバクテリアが、健康なうちに見つかった、というような状況であれば回復も十分に見込めます。実際のところ、鳥類は確定診断することも難しい動物です。瀕死の状態であることを念入りに伝えても、理解してくれない方はいます。病院にかかるような状況に陥るよりも、まずは病気の原因になる、ストレスや室温の低下、寒暖差、食べたふりなどを見逃さず、元気なうちにメガバクテリアを発見してあげるなど、予防をしっかりしてあげることが、1番の助けになるかと思います。