うさぎの避妊手術のタイミング

これは色々な情報がありますが、血液検査朝が、ほぼいらない、2歳までを目安に実査はするとよろしいでしょう。最近はネザーランドドワーフが、増えて、耳からの採決は不可能になっており、一番採血しやすい、とうそく皮静脈からの、採血でも自分の筋肉で骨折しかねません。結局一番は採血しなくても安全な2歳までをご推奨いたします。それ以降は採血をさせていただくこたになります。

動物保護指導センター

今現在は昔とことなり、野鳥をでもコウモリでも、子猫でも、一度拾って仕舞えば、拾った方に所有権が移動して、動物保護指導センターは預かってくれないそうです。非常に心苦しいことですが、悲報なら、最後までめんどうを見るつもりで拾うしか有りません。しかも、野鳥の類は餌を食べてくれないため、さし餌という、小鳥に餌をあげる方法であげるしかありません。正直、困難だといえるでしょう。当院を頼ってくださっても、結局は狭いこやでの飼い殺しになってしまうかと思います。野鳥や仔猫を拾う時は覚悟をしてからひろいましょう。

三寒四温と同窓会

少し前までは、暑くなったり寒くなったりと、病気の原因になるような気温が続いていましたが、やっと暖かな時期に入ったのではないかと思います。当院のスタッフも家族を連れて、調整池に花見に行ったり、僕自身も友人と久しぶりに集まって、上野まで遊びに行ったりしてきました。ちなみに科学博物館の人体展に行ってきたのですが、最初はグロいものでもあるのかと思いきや、とてもいい勉強になりました。何でも試してみるのは良いことですね😀

ネット上のフィラリア予防薬にご注意

最近ではネット上のフィラリア薬を個人輸入して、使用しているという方もいらっしゃいますが、これには問題点も存在します。そもそも偽薬が多いこと。用量がメチャクチャなものがあることなどです。こういうものに頼る場合、せめて日本でも有名なお薬(カルドメックなど)を購入すべきでしょう。ただし、外見を同じにした偽薬が販売されていることもあると、以前テレビでもやっていたため、商品の紹介になってしまいますが、動物病院で購入するに越したことはないかとおもいます。本日、海外の偽薬のせいでフィラリアに感染したワンちゃんが来院したため、当ブログを載せていただきました。

フィラリア予防薬の最初の投薬日

フィラリア予防薬は毎年、5月30日に最初に投与することになります。ワンちゃんの安全を考える場合、その時期までに検査に来ていただければ良いかと思います。今年もすでにフィラリア陽性(ただし何年も予防をしていなかった)のワンちゃんが来院していますので、できるだけ、ちゃんとした予防を心がけてあげましょう。ちなみに当院ではフィラリア予防注射薬は置いておりません。飲み薬と違い、副作用がでることがあり、死亡例もあるため使用を避けています。

最近とても多い子宮蓄膿症

最近当院に来院するワンちゃんの中で、突然具合が悪くなった、という子が良く来院します。身体検査をしてみると、子宮蓄膿症を起こしていることが多く、しかも高齢のため、同時に腎不全になりかかっている、ということがとても多いです。子宮蓄膿症自体は、本人の元気がまだある程度残っているうちであれば、手術は容易ですが、問題なのは、年齢のために腎臓がかなり悪くなっていることが多いことです。全身麻酔というのはかなり血圧を下げるもので、下がった血圧は腎臓へかなりの負担をかけます。基本的にそういう子は昇圧剤を用いて手術するのですが、かなり難度があがるのは確かです。やはり、若いうちに避妊手術を行っておくのが一番安全だと思います。現金ですが、手術費用も倍以上になってしまいますしね😅

フィラリア陽性のワンちゃん

残念ながら、当院に来る方でも毎年陽性のワンちゃんがいらっしゃるのが現状です。そもそもフィラリアがどういうものかご存知ない方が多いようなので、説明させていただきます。簡単に言うと、心臓ではなく肺動脈に感染する寄生虫です。これが肺の壁を傷つけたり、子供を大量に産んで、身体にダメージを与えたり、コイツらの便なども血管炎の原因になります。感染数が少なかったりすれば、薬でフィラリアの寿命を短くして、少しずつ退治する(いっぺんに退治すると心臓に死骸が引っかかってしまうこともあります)、ということもできるので、なるべく早く感染を発見してあげましょう。というよりも、予防をしっかりしてあげるのが一番なんですがね😅

トリミングについて

トリミングを始めることを大々的にお伝えしておいて申し訳ございませんが、諸事情により、簡単なシャンプーくらいしかできなくなっております。現在トリマーさんを募集中で、しばらくトリミングの予約を待っていただくことになるかもしれません。状況はその都度、ブログに載せますので、是非お待ちいただければ幸いです。ちなみに募集するトリマーさんは協調性がある!と自信のある人が来ていただければ幸いです。