チビがやって来た理由

うちの病院のスタッフであるチビですが、うちの病院に来るに当たって、かなりの物語がありました。まだ子猫で、轢かれた状態でやって来たのです。前足は動くのですが、後ろ足は動かず、麻痺により、痛みはほぼ無く、自分自身での排尿排便が出来なくなっていました。拾ってきた方は面倒は見れないとのことでしたので、安楽死しかないか‥‥という話にまでなったのですが、うちのスタッフが可哀想だから病院で買いましょう!と言い出したため当院で飼うことになりました。また、どうせだからということで、エラスポールという、最近では椎間板ヘルニアの手術とほぼ同じ回復率が得られると言われている薬での治療を行いました。ちなみに、自力排尿できない子での回復率は80%もあるという治療法ではありました。ただし、あくまで椎間板ヘルニアやダメージを受けた時に起こる炎症を抑えて、二次被害を防ぎ、回復には自己治癒が必要(これは手術も同じ)なため、排便、排尿の世話は一月は続けていたかと思います。ですが、次第に排尿ができるようになり、排便もできるようになり、足はドンドン動くようになって行きました。今では普通に歩くし元気に飛び跳ねます。ただし、普通の子猫ほど完璧に歩くことはできないため、着地に失敗してからは飛び降りるということはしなくなりました。病院内に離すと、車の音を怖がってしまうため、すぐに車道側ではない方に行ってしまいます。外に逃げる心配が...

老齢性の病気

歳を取ると、明らかに脳が原因と思われる病気が出てくる子がたびたびいます。何とかご飯の匂いを強くしてあげないと、食べない子。目や片足を触っても、その片側しか動かせない子、この子も餌が強い匂いをしないと食べられないことが多いですね。脳の病気で食べられない場合、いろんなところに神経的な異常が感じられるようになります。触っても気づかなかったり、目の前に何かが落ちても気づかなかったり、他にもいろいろあるのですが、総じて、ごはんの匂いを強くするとある程度食欲が沸くことが、多いようです。またいざという場合、鼻にカテーテルを入れて、高カロリードリンクを飲ませてあげるというのも1つの選択肢なので、ぜひ考えてみてください。

ワンちゃん猫ちゃんの避妊のタイミングについて

基本的には6ヶ月ほどとお話しておりますが、本当に良いタイミングで避妊させるとしたら、一度発情期が過ぎたらすぐ、というのが良いと思われます。この時期が体がしっかりと成熟したといえますし、この避妊により、乳癌を9割予防してくれます。一方、2回目の発情期が来てしまえば、将来の乳癌発生率は避妊してないのと変わらなくなってしまいますので、ぜひこのタイミングで手術してあげましょう。

ワンちゃんの避妊去勢について

当院に来院する人をみてのことですが、どうやらオスの去勢やメスの避妊を実施するかたが非常に少ないようです。オスの前立腺肥大や会陰ヘルニア(未去勢で起こる)を患って便秘や最終的には死亡したり、メスの子宮蓄膿症や乳腺ガンで亡くなったり、そのギリギリ手前で連れて来る方が多いようです。去勢も避妊も非常に簡単な手術ですから、若い内に簡単な状態で手術を行える上に、どちらも実施することで、寿命が延びることがわかっています。健康なのに可愛そう、ではなく、健康な内に安全に手術しよう、と思っていただければ幸いです。

中々気づきにくい、視力のお話

ワンちゃん猫ちゃんは鼻がよいせいか、よくみてないと、視力が落ちていることに気づきにくいものです。特に緑内障などは急に発症して3日で視力消失してしまうので、どうにもならない時もあります。完全に失明していることを判断する方法として、睡眠時間が急に増えた場合などは目安になるかと思います。じゃあその途中はどうなの?と言われると、白内障や網膜剥離、緑内障やぶどう膜炎など原因が多すぎて説明が難しいです。ほとんどの眼の病気は結膜の充血が最初に出てくるため、それを見つけたら病院に連れて行ってあげると良いかと思います。

ウサギやインコに突然死が多い理由

ウサギやインコを含む鳥類は非常に突然死が多いです。他の動物病院の話ですが、普通に見えたのに、触った瞬間大暴れをして、そのまま死んでしまった、というお話も聞いたことがあります(この子はその後、肺がんだったことがわかったそうです)。一番問題なのは症状を隠してしまうことです。病気を診断するのに一番重要なのは、症状を良くみること、です。それを本来、食べられてしまう側の生き物であるために、弱みを隠してわからなくさせてしまいます。気をつけてください、と言っても気づくのが難しい、そういう生き物だと、よく知っておくことが重要かと思います。