童話と現実

とある童話にハーメルンの笛吹き男、というものがあります。この男は村のみんなに頼まれて、笛を吹いてネズミを操り、全部川に沈めて退治しました。
しかし、村側は約束を守らず、報酬を払いません。
そこで男は子供たちを操り、さらって行ってしまう、という形で話は終わります。
ここで、現実の世界の話です。ハーメルンにある、ふるいステンドグラスに、130人の子供たちがさらわれた、とかかれた物が実際に存在しているんです。😨
現実にあったことなのか、ただの後付けか?
ハーメルンは美しい都市だと言うことなので、もし旅行に行く方がいたら、この話を思い出してもらえれば幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000

いわぶち動物病院