犬の去勢手術と病気について

当院に来院される方で、去勢手術をしていないわんちゃんが、よく見受けられます。
これについて、若い頃は問題がないのですが、歳をとるにつれて、様々な男性器由来の病気に罹患していきます。
典型的なものとして、前立腺肥大。
これは人の場合、尿が出にくくなる、という害がありますが、ワンちゃんの場合、便が出にくくなるという状況が、起こります。
さらにこの便が出にくい、という状況が会陰ヘルニアという、かなり厄介な病気を引き起こすことがあります。
この病気についてはまた今度掲載させていただきますが、ワンちゃんからすると、苦しく、最悪な病気です。
他にも前立腺肥大から続発して、前立腺炎、ひどいものになると前立腺膿瘍に罹ってしまいます。
膿瘍にまでなると、手術が必要になることもあります。
続いて肛門周囲腺腫。
これは良性腫瘍なのですが、どこまでも大きくなる可能性があり、排便の邪魔になったり、感染の温床になったりします。
発症率の低いものから高いものまで様々ですが、歳をとってからの手術となると、やはり危険が伴います。
去勢するだけでこららを予防することができるので、ぜひとも去勢手術をお勧めいたします。

0コメント

  • 1000 / 1000

いわぶち動物病院