消化管内異物

特に若いワンちゃん、猫ちゃんで多く、部屋の中にあるものを食べたり、種を含む果物を食べたりし、それが胃や腸に詰まることで引き起こされます。

症状としては食欲が無くなり、お腹を触ると痛がることが一般的で、他には嘔吐をしたり、元気が無くなることが多いです。

基本的には詰まった異物を除去するために、開腹手術が必要になります。

また、消化管内異物の中でも特に厄介なものの一つとして、紐状の物が挙げられます。

糸や紐が腸に詰まると、腸は自分から蠕動して、無理矢理押し流そうとしてしまいます。

その結果、腸が裂けて中身が漏出、腹膜炎を起こすことも多々あり、その結果、死亡することもしばしばです。

つい最近も、紐やティッシュを食べてしまった上、腸が一部裂けてしまったワンちゃんが来院しましたが、うまくエコーに異物が映ってくれたことと、腹膜炎を起こしていなかったことで、手術してすぐに元気になってくれました。

消化管内異物は、食べてしまった瞬間を目撃していれば、簡単に診断できますが、飼い主が見ていない時に異物を食べてしまうと、元気が無いが原因がわからず、診断が難しい病気になります。

そこいらの物を噛んだり食べたりしてしまう子の場合、このような状況になることが多いので、よく注意しておきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000