老齢性の病気

歳を取ると、明らかに脳が原因と思われる病気が出てくる子がたびたびいます。
何とかご飯の匂いを強くしてあげないと、食べない子。
目や片足を触っても、その片側しか動かせない子、この子も餌が強い匂いをしないと食べられないことが多いですね。
脳の病気で食べられない場合、いろんなところに神経的な異常が感じられるようになります。
触っても気づかなかったり、目の前に何かが落ちても気づかなかったり、他にもいろいろあるのですが、総じて、ごはんの匂いを強くするとある程度食欲が沸くことが、多いようです。
またいざという場合、鼻にカテーテルを入れて、高カロリードリンクを飲ませてあげるというのも1つの選択肢なので、ぜひ考えてみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000

いわぶち動物病院