最近とても多い子宮蓄膿症

最近当院に来院するワンちゃんの中で、突然具合が悪くなった、という子が良く来院します。
身体検査をしてみると、子宮蓄膿症を起こしていることが多く、しかも高齢のため、同時に腎不全になりかかっている、ということがとても多いです。
子宮蓄膿症自体は、本人の元気がまだある程度残っているうちであれば、手術は容易ですが、問題なのは、年齢のために腎臓がかなり悪くなっていることが多いことです。
全身麻酔というのはかなり血圧を下げるもので、下がった血圧は腎臓へかなりの負担をかけます。
基本的にそういう子は昇圧剤を用いて手術するのですが、かなり難度があがるのは確かです。
やはり、若いうちに避妊手術を行っておくのが一番安全だと思います。
現金ですが、手術費用も倍以上になってしまいますしね😅

0コメント

  • 1000 / 1000

いわぶち動物病院