セキセイインコのPBFD

一目見ると、ただの脱毛症のように思うかもしれません。
しかしその実態は非常に厄介なもので、致死率が100%とという恐ろしい病気です。
特徴としては、ただの脱毛ではなく、羽の変形(奇形のような形になります)を伴う脱毛を起こします。
皮膚に炎症などを起こしている場合は、炎症の治療をしてみて、改善するかどうかを確認させていただいてますが、その後の一週間だで羽の脱毛が増えたり、変形した羽が増えたりした場合、この病気を強く疑います。
当院では、このPBFDに対応することができないので、その場合近くのエキゾチック動物専門の病院を紹介させてもらっています。
もしもグニャリとしたような羽を見つけたらすぐに診察にきていただいた方が良いでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000

いわぶち動物病院